依存症と言う悪循環に陥らないために | デパスの知識サポートサイト(ジェネリック・副作用・個人輸入)

デパスの知識サポートサイト-副作用、個人輸入の方法などをまとめました。

依存症と言う悪循環に陥らないために

コラム

デパスはうつ病や神経症における不安・緊張などの抑制・緩和に効果がありますし、心身症に対する有効性や睡眠障害時における催眠作用などがある薬で、これらの症状に対して病院で処方されます。
基本的に安全な薬ですが、デパスに限らず精神安定剤は長期間の服薬で依存してしまうことがあって、なかなか断薬できないと心配される方が多いです。
その為、デパスの依存性について知りたいと言う方も少なくないでしょう。

まず知っておいてほしいことは、服薬をやめた時に現れる身体的・精神的に襲ってくる様々な離脱症状により、デパス依存になってしまった人たちが現実にいると言うことです。
また、デパス依存と言う悪循環に陥ってしまった結果として、肝機能障害など肉体的なダメージが目に見える形で表れてしまうことがあると言うことです。

しかし、これはデパスだけに限ったことではなくて、精神安定剤全般に言えることなのです。
ですから、これら依存性の高い薬を使用して治療に当たっては、薬を摂り始めた時から断薬までのことを考えて治療することが大切です。
また最近では、依存と言った二次的なリスクを避けるために、薬に頼らない治療の研究が進んでいますし、薬よりも依存のリスクが低いハーブ治療などの研究も実施されています。
ですから、様々な治療法を検討することも大切かも知れません。

しかし何よりも身近な家族や友人への理解と協力を求めて、薬だけに頼らない根本的な治療を考えることが一番かも知れません。
いずれにしても「デパス依存」と言う悪循環にだけは陥らないように注意することが大事なので、その点をしっかりと認識しておきましょう。