副作用と注意点 | デパスの知識サポートサイト(ジェネリック・副作用・個人輸入)

デパスの知識サポートサイト-副作用、個人輸入の方法などをまとめました。

副作用と注意点

コラム

不安・緊張・焦燥・抑うつと言った精神症状を改善する作用がある薬が「デパス」で、鎮静剤・筋弛緩剤・催眠剤・抗けいれん剤・自律神経調整剤としても使用される薬です。
ただ、このような作用がある薬ですから、服用することで「副作用が起こらないのか?」と心配される方もいるでしょう。
そのようなデパスの「副作用」に関する疑問にお答えします。

基本的にデパスは、医師に処方された容量を厳守して短期間の服用ならば「副作用」を起こすことはないと言われています。
ただ、大量に服用したり長期的に服用を続けたりした場合には、主要成分の影響で副作用と考えられる症状が起こる可能性があります。

また、デパスには催眠作用や筋弛緩作用があることから、強い眠気が常時続く・ふらつき感を感じる・脱力感や倦怠感が襲ってくるなどの副作用として感じる症状が薬の服用初期状態に見られます。
ですからデパスの服用時には、危険な作業や車の運転などは極力控えたり、注意したりする必要があります。
これは、デパスに限らず「精神安定剤」全体に言えることでもあります。

その他デパスの副作用としては、湿疹や蕁麻疹のような発疹、発熱などのアレルギー症状が起こることもあるので、このような過敏症状が起こった場合には、使用を止めて医師に相談しましょう。
あと頭痛・眼の痒みやかすみ・集中力低下、女性の場合には生理不順になることもあります。

デパスの副作用として考えられる症状が起こらないようにするためには、まず1回の服用量・服用時間・服用回数・服用期間は、医師・薬剤師の指示に従うことが大切です。
また、何らかの症状が起こった場合には、安易に自己判断するのではなくて早めに医師に相談することを心がけましょう。